高校と作品はつくられ続けます

先生はもうひとつのことを配慮してい

しかし、私の知りあいのその女の先生は毅然たるかたである。多分そうした非難があれば、神さまは人間をそれぞれに違うようにつくられていると言い返されることであろう。そして、何よりもこの場合、子供の生命を守ることが第一であった。
親はもっと子供の側に立って、子供のことを考えてほしい。親の立場、親の見栄で、供を律しないでほしい。このことはいくらくりかえしても、くりかえし足りない。
子よく子供が可哀相だと思うのは、お父様は××大学を出たのだから、何が何でもあそこに入りなさいと勧める母親である。また、まるでかたき討ちに出かけるように、
お父さんは入れなかったけれど、おまえが生まれたときから、おまえにぜひ入ってもらおうと思っていたのだと、父親が子供に強要したりする。これも子供には全く気の毒な話である。
勿論、子供の学力が相当していれば父子二代、その校風を慕っての入学はのぞましいけれど、いま子供を大学にやろうとしている親たちの中には、自分が大学に行っていないから、だからやりたいというひとが多いのではないか。
先生への評価になってくる。

子どものけんかに大人が出るなーという

親が大学を出ていて、却って子供は大学にやらないというひともいる。とにかく子供を持つということは、親の再教育、子供の親としてよりよい親になるための挑戦、それこそ中年からの生甲斐ではないのだろうか。

子供は父親を求めている

児童生徒に対して、
自分にとって大事な他者は誰かを調査した表がある。小学校、中学校と上に行くほど父親の占める位置が高い。小学校のうちは、圧倒的に母親、ことに女の子は母親が多いけれども、中学になると母親が減って、受け持ちの先生が強い影響力を与えていく。ところが男の子の場合は、小学生、中学生を通して、圧倒的に父親を頼りにしているしかし、父親が子供に対してどういう関心を持っているかを調べてみると、まことに頼りない。これは十年前の東京都のある区の調査だが、子供の答案を見るのは、お母さんが四七.二パーセント、お父さんが四·一パーセントで、お母さんの十分の一。

 

成績という同じ分野

父兄会に出かけるお母さんが八九パーセント、お父さんは一·三パーセント、悩みの相談相手になるのもお母さんが四五パーセント、お父さんは五·七パーセント、最後に進路の相談ということになると、お父さんがやっと顔を出してくるけれども、それでもお母さんが一六パセントに対して、お父さんは111.11パーセント。子供の方からは非常に父親を求めているのに、いかに頼りない父親が多いかがわかる。あるいはお母さんにみんな任せっ放しで、進路になるとお父さんが顔を出すのは、子供の将来に夢を託しているのは確かだけれどもそれまではすべて母親に任せっ放しで、結果だけについて発言する。
ベーゼンドルファーがやってきた
子どもたちが決められた壁以外の壁に絵を描いたとき

母さんとして

これは母親を信頼しているからかもしれないが、私はもっと日本の父親に子供に関心を持ってもらいたいと思う東京都民生局の調査で、両親への愛着度を統計にあらわしているお母さんのようになりたいかという問いかけに対し、小学校三年の女子は八一.七パセント、五年で七七.六パーセント、中学二年で五〇·四パーセント。また、お母さんのような人と結婚したいと答えた小学校三年の男子は三九·三パーセント、五年で四バセント、中学二年で三七パーセント。
お父さんのような男になりたい男子は、小学校三年で六四·五パーセント、小学校五年で六三·三パーセント、中学二年で五二.七パーセント。お父さんのような人と結婚したい女子は、小学校111年で五八.1パーセント、小学校五年で五0·四パーセント、中学二年で三二パーセントと、それぞれの子供たちは両親への高度の愛着を示し、これは父母の学歴とは関係ないのである。

母親はそう

親は学歴が人間の価値を左右すると思っているのに、子供の眼からは学歴が父母の人格に強い影響を与えているとは思っていない。また、同じように統計で、子供たちにとって一番好きな母は、外ヘ働らきに行かない家事専業の母で、四五.九パーセント、次に内職や自家営業に従事していて、とにかく家にいてくれる母が六七·四パーセントから六九.三パーセントで好まれ、仕事のために毎日外に出て行く母は五九パーセントをしめしている。子供はやっぱりお母さんは家にいてくれるのがうれしいのである戦後間もなく、まだ京都に住んでいた頃で、私は東京にいっては映画のシナリオを書いていた。
母親は人生の先達として

子どもの呟きが聞こえます。


ある時、ようやく仕事が終ってみやげものをたくさん買いこんで京都駅から4%家に直行し、車をおりてわが家への路地に入って塀の外までくると、庭先で小学校111年と四年の子供が話し合っているのが聞えたうちのお母ちゃんはいややな。
ほんまにいやなお母ちゃんや。
PTAにも来やはらんし。
人形もつくってくれへんし。
姉弟口を合せてさいごに歌うようにして、いやなお母ちゃんや
と言っていた。
私はその言葉に涙があふれて、しばらく立ちつくした。シナリオを書いているのも戦後に没落した家のため、生計をたてるためである。