幼児にとってマイナスであったり

子どもにとっては矛盾していることなので

くそまじめは、完全主義の親や先生から、外面的な「わく」をはめ込まれてしまっている子どもであり、それがにせものであることに気づいていないのです口答えを喜ぼうちょうどこの七九歳には、もう一つの現象が現れます。それは「口答え」です。親が訓戒をしようものなら、いろいろな理屈をつけて立ち向かってくるでしょうああいえば、こういう-という状態が現れますそれはなぜでしょう。一つには、子どもが自分なりの意見を持ち始めたことによるのです。自発性の発達とともに、言語的思考の能力も発達したからです。言語的思考というのは、自分の考え方を言葉で表現する力です。

幼児の男性は


伸ばすにはどうしたらいい?

>幼児たちと遊ぶ楽しみがあったからです遊びがこの点を考えるならば、そして、発達について勉強してさえいれば、口答えが現れることを喜んでよいはずです。それゆえに、私は、この現象が現れる時期を「中間反抗期」と名づけました。ほう市ムうたしかし、子どもの発達について勉強の足りないお母さんやお父さんは、「口答えをするな……」と怒ってしまいます。子どもが自分の意見を言っただけで、なぜ怒るのか、もう一つの理由は、封建時代にいわれた言葉-つまり、親の言うことには、何でも「ハイ」と言って従いなさいという言葉が頭にこびりついているのです。ですから、子どもから「ハイ」と言われないと、「悪い子」のように思えて、腹が立ってくるのです。


幼児のそばについていて

しつけ熱はそれとはひと味違うのであるがどう違うか

教育の場としては重要である小学校より幼稚園実は刺激を与えるばかりではなく、ときには「刺激を与えない」時間も重要なのです。たとえば皆さんも、お風呂に入っているときや電車にぼ~っと乗っているとき、パパの出張っていつだったっけ?」「それにしてもこの間観た映画は良かったなあ」いろいろなことを自然に考えているのではないでしょうか。ときには現実からすっかり離れた空想に飛んでいることもありますよね。最近の研究では、このように脳が外からの刺激をあえて遮断したような状態で、内部がいわば勝手に活動する状態も、人間ならではのとても高度な脳の働きであると考えられています。過去の記憶や未来の計画を総動員していろいろ考え、そこから新しいアイデアを産み出すという「脳の機能フル稼働」ともいえる状態だからです。子どもの本質からかけ離れた研究であるかということがわかるだろう-というのです「空想タイム」を子どもが持てるようになることが、脳育ての究極の目標ともいえます。子どもが何もせず一見ぼーっとしているときでも、もしかすると脳はフル稼働しているかもしれません。なるべくそういうときには、不必要な刺激を避けて静かにしておくことが重要です。もちろんテレビやラジオ、ゲームやパソコンなどがごちゃごちゃ刺激として入り続けている環境はよくありません。「00しなさい」と言い続ける環境も良くありません。


育てるという壮大なプロジェクトにおいては

この仮説は農耕を始めてから、集落が大きくなり都市や国家の形成に伴う人口増加にも合致しています。因みに、私の幼稚園から大学までの学生数も同じ様な経緯を辿っています。幼稚園の頃は1学年30人程度のクラスが3クラス。小学校は1学年38人程度のクラスが11クラス高校では1学年42人クラスのクラスが普通科と商業科を合わせて11クラス。大学になるともはや人数は不明。この幼稚園から大学に至るまでの集団の増加は、見方を変えると集落から都市への人口増加と言う人類の進化の段階にも合致しています。

教育ではありませんしたがって

しつけに活用しないのは農耕と人類の進化人類の進化に最も影響を及ぼした物は「農耕」です。恐らく、二足歩行をして狩猟生活をしているだけなら、文明の発達は無かったでしょう。狩猟生活と農耕の最も大きな違いは「定住」です。人類の進化にとって「定住」は大きな意味を持ちます。獲物を求めて移動生活をしていれば、土地に縛られる事はありません。

育ててほしいと思います

育てているのであるだから

ですから、自分の腹具合や嗜好を考えて、注文する食べ物が一人ひとりちがいます。たまたまいっしょに行った七歳の女の子は、肉があまり好きではなかったので、野菜の盛り合わせを注文しました。その子のお母さんは、肉が栄養的にいって大切であることを話して聞かせましたが、その子の注文は尊重して、その通りにしました。帰国して間もなく、私は四、五家族で中華料理店へ行きました。メニューが1つしかなく、私が年配なものですから「どうぞ」と言って渡されました。

子どもは自分の能力を


幼児に絵本を読み聞かせているときには前頭葉はあまり働かないのですが

>子どもたちは自分の能力を鍛えるためには私は少食の方ですので、量が少ないもので少々高価な自分の好きな食べ物を注文しました。するとどうでしよう。ほかの大人たちが皆、私と同じ食べ物を注文するではありませんか。そのとき、五年生の男の子が「ぼく、ラーメンを食べたい」と言い出したのです。すると、隣に座っていた父親が怒り出しました。「皆が同じ物を食べようといっているのに、なぜわがままを言うのか!というわけです。


幼児の数が決められています

伸ばすようになる

子どもには何もお手伝いをさせていないという家庭がふえてしまいました何のために大学へ行っているのか-というと、遊ぶためなのです。遊ぶことは好きだという子どももいますが、その遊びがよくない遊びであることが起きてきます。そうした子どもたちは、仲間になりますよく、友だちが悪いから不良になったなどと言いますし、朱に交われば赤くなるとも言われてきましたが実は、類は友を呼ぶ-のです。同じような状態の子どもが仲間を作るのです。そして、すぐに流行を追います。シンナーを吸います。家からのお金の持ち出しを始め、それができなければ、悪いことをしてでも金策をします。遊びにはお金がかかるからです。子どもといわなければなりませんそのような子どもは悪い遊びが始まると、両親は急にうるさくなります。訓戒や説諭を始めます。そうなれば、いっそう家にることがいやになり、外泊を始めるでしょう。帰ってくれば怒られるので、外泊が続くでしょう。そして遊びに耽り、心の奥底にある悩みを発散させるのです。遊んでばかりいて悩みなどはないように見えますが、心の奥では淋しいのです。


子どもの遊びと相通ずるのです

でも、正解がなかったりいくつもの正解があるかも知れない問題に対しては、そう言う光景を学習塾の指導の中でたくさん見てきた。恐くて手が出なくなるだろう。テクニックが悪いのではない。きちんと考えられる生徒が、理解をした上でそのテクニックを使いこなすことは見ていてもすがすがしい。テクニックとは、結果だけを利用すればよいものではない。理解をした結果として、自然と使えるようにならなければ意味がないのだ。私は長男に対して、中学ではそのようなテクニックには頼らないように指示した。

しつけによらない知識のことで

育てがうまく進まない徹底して泥臭く問題に当たることを求めた。それは、テクニックに頼って思考をショートカットさせないためだ。地力の部分をとことん太くさせることで、将来本当に考える力が必要になった時にに対処できるようになる。そう言うと少しとろくさい長男は、いつまでも馬鹿正直に一つ一つを丁寧に考えてやっていた。本来なら問題数をこなしていくうちに自然と気付くような計算のテクニックや、問題の解法パターンにも気付かないままだったのは少し痛い.。