子どもの表情や会話に劇的な変化

子どもを自立した存在と見

母親まったく
また、そういう学校に行かなくても、女の子が生まれると、母親は毎日の生活の中で、女はやがて子供の母になるのだから心身ともに大事にしなければということをしつけた。やがて卒業して、たとえ就職しても、結婚という機会が訪れてくれば、それなりに新しい結婚生活に対する心の準備はできていた。
戦後の教育の中では、ずっと共学のせいもあって、結婚して子供をつくり、ることを、特別に一つのテーマとして与えることがない。
その親となNHKの子供のしつけの不足について考える番組には、たくさんの反響があったというけれど、それだけひとびとの関心が強く、ひとびとが悩んでいるということであろうno子供といっても、ABCDそれぞれ異なる子供に、どういうしつけが適切でどういう指導がいいのか、それぞれの親なりの工夫が必要である。

母親が自分の生活自分の世界を大事にしているため
私たちが結婚して子供を与えられるということ、この自然の恵みに対して、夫も妻も協力して、生涯にわたっての大事業として取り組む覚悟がまず第一。子供が学べば、親も学ぶ。一緒に夫婦して、子供の教科書の研究もやってほしい。子供にとって、両親が仲間にも見える喜びであろう。
たとえ親がいつも正解を出さなくても、親にもわからないことがあるのかと思えば、子供も自信がつくし、暇なときには子供に、自分の少年時代、少女時代の話をしてやったり現在、親が困っている話も適当に子供に話してやれば、子供なりに勇気をだして親を助けたいと思いもするだろう。

子どもがいたとします。

よく親の権威を保つために、親は間違いのない、すぐれた存在だという偶像の中に自分を閉じ込めてしまうひとがいるけれど、親もこういう失敗をしたとか、親も生きるのがこんなに辛いのだなどという話をして、人生のきびしさにふれさせたらどうだろう。
これだけ子供たちの非行や家出や自殺などの多い時代は、まさに親たちにとっての非常時である。子供は親の背中を見て育つという言葉があるけれど、背中にはそのひとの一番正直な表情があらわれる。顔の表情はいくらでも取りつくろうことができるから、泣きたいのをがまんして笑うこともある。背中には隠しようもないそのひとの生きる姿が出る親はいつも子供の前を歩き、子供は親の後ろに従っていく。

父親が家族のために必死で働いてこのよう学習の原理を知らないで失敗する子供にどんな背中を見せたらよいか。毎日、子供が自分の後ろからついてくるという思いは、どんなに親にとっての生甲斐になることか。そんなことを、まず親が願うところから、子供のしつけは始まるのではないだろうか。

よりよい親になるための挑戦

子供たちの万引きというのは、いまやどこの町にもあるらしい。うまくやったといって喜び、タダで物をとって楽しむというのは、子供たちの心に、眼に見えないものをおそれるという気持がないからだと思う。神を持たない悲劇ともいおうか。

子どもはたくさんいると思います

親も子もそのこと気づかないひとが多いのも残念である一つの刑事裁判を見たことがある犯人は法廷で良心にしたがうことを宣誓する。しかし、検事に聞かれ、弁護士に問われたりしているうちに、だんだん言っていることがウソだということがわかってくる。裁判長からそれを指摘されると、本人も苦笑して、はい、ウソですなどと言っている。ではさっきの良心への誓いは何であったのだろう。神をおそれることを知らない心には、良心というものも、自分自身が標準なので至って心細いと思ったことであった万引きをした場合に、これをとがめるのはまず良心であるべきなのに、それが磨滅している。では教師はどう対応するか。経営者からの報告を受け、すぐ親の方に注意すればいいのに、ここで遠慮する教師がいる。家ではそんな教育をした覚えがない。

成績が優秀

学校の監督が悪いのだなどと言う親がいるからである。子供の非行がひどくなって、警察からよび出され、はじめて親が知って責任のなすりあいになる。眼に見えない神はこわくないが、警察はおそろしいのだ。
先生がたばこを吸ったことを注意したら、生徒がなぐり、なぐらぬ先生が父兄から非難されるという事件があった。その学校の父兄の一人からこんな話も聞かされた中学校にくる前にその子の通っていた小学校で、生徒をなぐった先生がいた。

      成績で何を呑気なこと言ってるの?
      母さんのところに走ってくるだけです
      先生に着目してもらえるよう


学習の原理を知らないで失敗する 母乳だけでは不足である。 学習の原理を知らないで失敗する

母親は非芸術家的人間の典型

大学しか思い浮かばないようでは決してできない

父親に助けを求めれば
半年また、その近くにある男の子たちの施設にも行ってみた見るからに健康そうな顔つき。はいはいと活発な返事。きびきびとした動作。男の子は構内の植木の手入れ、女の子は畑で耕作をしていたが、その明るい表情は、シンナーを吸い、麻薬をかくし持ち、脅迫、強盗、万引、不純異性交遊などをしたという暗いかげすら共通して語ることは暴力団がやさしかったこと。頼り甲斐があったこと。親も与えてくれなかった仕合わせをくれた。どんな仕合わせと聞けば、ステーキを食べさせてくれたとか、多分モーテルなのであろう、城のようにきれいなホテルにつれていってくれた、などなどで、それがやがて売春とか麻薬の売人のような大きな犯罪の魔手に組みこまれてゆくのだとも知らない幼さがいじらしい。
その子供たちが、なぜ暴力団のやさしさに釣られたのだったろう。父母が不和で家庭が淋しい。父がよその女と、母がよその男と関係していて、子供は相手にされなかったという例もある更生のためにいそいそ働らき、体育にいそしんでいる姿は、ふさわしくあどけない。

子供にとっては祖
この子たちを罪におとしたのは誰か。
任ではないかと思わされたことであったまことにまだ子供というにこの子たちを生んだ親の責子供を生んで、子供の親となって、その子供自身に親の生きる姿を通して、これが人生だと胸にきざみつけさせることのできるような親でありたい。その施設を見ながら、もっ
と親は、子供の仕合わせのためには本気で取組んでほしいとも思った。
痛切に思った私が親に勧めたいのは、教師が学校で子供の観察記録をつけるように、親も子供の記録をつけることである。

子どもが最初に出会う社会は家庭です。

大ていの親が、子供が小さいときは、一生懸命育児日記をつける目方が何グラムふえた、お乳をよく飲んだ、笑った、泣いた、アーと言った、ウー
と言ったというような毎日の子供の変化を、愛情こめて記録するしかし子供が歩き出し、子供が話しだした頃から、大ていの親が子供の観察記録をやめてしまう。子供がどういうことを話し、何にたいして、どういう態度をとったか、どんなことに感激し、どんなときに怒ったか、幼稚園に入ったとき、小学校に入学したとき、二年、三年かに観察して書く。それは同時に子供の精神の発達のあとを辿ることでもあるその折々に外側から見た子供の発達を、子供の精神の内側に入って、事細少なくとも子供の言行をきちんと記録しておけば、親は子供の異常の第一段階をとらえることができる。あんなことを言いだした、ちょっと態度がおかしい、はきはきしない学校の帰りが遅い、朝なかなか起きないといったことなども、からだの状態に合せて気持のありかをつきとめる手引きになる。
私は、子供が中学や高校へ行くころまでに、子供に虚無的な自棄的な心がひろがってゆくのは、何となく、親に見捨てられたような思いになるからではないかと思う。

子どもに求めてしまう子どもでも親のすることをよく見ているのですねその頃にまた、親は親で、育児ばかりが女の能ではないとばかりにいろいろの学習などにはげみだし、また働らきに出たりする。それもよいよいけれど、いつでも子供が親の助けを求めたらすぐ応じる姿勢を、また大事を親に話さなくても、子供自身が一人で解決できる年頃になるまで、どうしていいかわからないと悩み、迷っていることを鋭く感じとる触覚はとぎすましておきたいと思う。
教師にくらべて親は、朝起きて学校へ行き、帰ってきて夜寝るまで、して生きているのだから、自分の生んだ子供に対する親の責任として、に子供を観察して、子供の支えになってほしい。
ずっと子供に密着もっとデリケートちょうど私の母が、いつも働らいていて、普通の母親のように、ベッタリとそばについていて世話はできないけれど、一週間に一遍か十日に一度は、こんな娘で、亡くなったお父さんに恥ずかしいなどと、猛烈な爆弾を落したような形であってもいいから、子供に生きる指針を示してほしい。

しつけがきちんと身についている人

親は子供のことを十分に考えているのだということを態度で示してやってほしい。
子供の方は、びっくりしたり、ああ、親は自分のことなどどうでもいいと思っているのかと思っていたら、私のためにこんなに心配してくれるのか、それがわかって、うれしさとなって胸にひろがる。何も先祖の位牌を持ちださなくても、写真を飾らなくてもよい父母は、いつでも自分に関心を持っていてくれるという意識が、どんなにか子供たちの自信と誇りを培うことであろう。
数年前に中野区の児童生徒に、家庭や学校や社会生活にかかわる五つの項目をあげて家族のだれにそれを聞いてみたかという問いを出した。その答として次のような数字が得られている。

子どもとの関係

ボーイフレンドやガールフレンドから映画に誘われたとき、小学校では父に一二·七パーセント、母に六四·九パーセント、中学校では父に三·八パーセント、母に四三パセントが相談し、貯金で自分用のテレビを買いたい時は、小学校で父に五七·八パーセント、母に四0·三パーセント、中学校で父に四0.七パーセント、母に四八·一パーセント、臨海、林間学校の参加申込みは、小学校で父に1111.三パーセント、母に七四·四パーセント、中学校で父に七四·七パーセント、母に七六·四パーセント、受験する中学
や高校については、小学校で父に五一,九パーセント、母に四一·六パーセント、中学校で父に三七·七パーセント、母に四六パーセント、新宿の繁華街に行ってみたい時で、小学校は父に1111.七パーセント、母に五111.1パーセント、中学校では、父に七.九パセント、母に四一パーセント。

      母親でも自覚している人がほとんどいない
      子どもがあると言ってもよい。
      学校とよばれた女ば


子どもでも親のすることをよく見ているのですね 子供を全面的に信用することから始めることです。 子どもでも親のすることをよく見ているのですね