母親は非芸術家的人間の典型

大学しか思い浮かばないようでは決してできない

父親に助けを求めれば
半年また、その近くにある男の子たちの施設にも行ってみた見るからに健康そうな顔つき。はいはいと活発な返事。きびきびとした動作。男の子は構内の植木の手入れ、女の子は畑で耕作をしていたが、その明るい表情は、シンナーを吸い、麻薬をかくし持ち、脅迫、強盗、万引、不純異性交遊などをしたという暗いかげすら共通して語ることは暴力団がやさしかったこと。頼り甲斐があったこと。親も与えてくれなかった仕合わせをくれた。どんな仕合わせと聞けば、ステーキを食べさせてくれたとか、多分モーテルなのであろう、城のようにきれいなホテルにつれていってくれた、などなどで、それがやがて売春とか麻薬の売人のような大きな犯罪の魔手に組みこまれてゆくのだとも知らない幼さがいじらしい。
その子供たちが、なぜ暴力団のやさしさに釣られたのだったろう。父母が不和で家庭が淋しい。父がよその女と、母がよその男と関係していて、子供は相手にされなかったという例もある更生のためにいそいそ働らき、体育にいそしんでいる姿は、ふさわしくあどけない。

子供にとっては祖
この子たちを罪におとしたのは誰か。
任ではないかと思わされたことであったまことにまだ子供というにこの子たちを生んだ親の責子供を生んで、子供の親となって、その子供自身に親の生きる姿を通して、これが人生だと胸にきざみつけさせることのできるような親でありたい。その施設を見ながら、もっ
と親は、子供の仕合わせのためには本気で取組んでほしいとも思った。
痛切に思った私が親に勧めたいのは、教師が学校で子供の観察記録をつけるように、親も子供の記録をつけることである。

子どもが最初に出会う社会は家庭です。

大ていの親が、子供が小さいときは、一生懸命育児日記をつける目方が何グラムふえた、お乳をよく飲んだ、笑った、泣いた、アーと言った、ウー
と言ったというような毎日の子供の変化を、愛情こめて記録するしかし子供が歩き出し、子供が話しだした頃から、大ていの親が子供の観察記録をやめてしまう。子供がどういうことを話し、何にたいして、どういう態度をとったか、どんなことに感激し、どんなときに怒ったか、幼稚園に入ったとき、小学校に入学したとき、二年、三年かに観察して書く。それは同時に子供の精神の発達のあとを辿ることでもあるその折々に外側から見た子供の発達を、子供の精神の内側に入って、事細少なくとも子供の言行をきちんと記録しておけば、親は子供の異常の第一段階をとらえることができる。あんなことを言いだした、ちょっと態度がおかしい、はきはきしない学校の帰りが遅い、朝なかなか起きないといったことなども、からだの状態に合せて気持のありかをつきとめる手引きになる。
私は、子供が中学や高校へ行くころまでに、子供に虚無的な自棄的な心がひろがってゆくのは、何となく、親に見捨てられたような思いになるからではないかと思う。

子どもに求めてしまう子どもでも親のすることをよく見ているのですねその頃にまた、親は親で、育児ばかりが女の能ではないとばかりにいろいろの学習などにはげみだし、また働らきに出たりする。それもよいよいけれど、いつでも子供が親の助けを求めたらすぐ応じる姿勢を、また大事を親に話さなくても、子供自身が一人で解決できる年頃になるまで、どうしていいかわからないと悩み、迷っていることを鋭く感じとる触覚はとぎすましておきたいと思う。
教師にくらべて親は、朝起きて学校へ行き、帰ってきて夜寝るまで、して生きているのだから、自分の生んだ子供に対する親の責任として、に子供を観察して、子供の支えになってほしい。
ずっと子供に密着もっとデリケートちょうど私の母が、いつも働らいていて、普通の母親のように、ベッタリとそばについていて世話はできないけれど、一週間に一遍か十日に一度は、こんな娘で、亡くなったお父さんに恥ずかしいなどと、猛烈な爆弾を落したような形であってもいいから、子供に生きる指針を示してほしい。

しつけがきちんと身についている人

親は子供のことを十分に考えているのだということを態度で示してやってほしい。
子供の方は、びっくりしたり、ああ、親は自分のことなどどうでもいいと思っているのかと思っていたら、私のためにこんなに心配してくれるのか、それがわかって、うれしさとなって胸にひろがる。何も先祖の位牌を持ちださなくても、写真を飾らなくてもよい父母は、いつでも自分に関心を持っていてくれるという意識が、どんなにか子供たちの自信と誇りを培うことであろう。
数年前に中野区の児童生徒に、家庭や学校や社会生活にかかわる五つの項目をあげて家族のだれにそれを聞いてみたかという問いを出した。その答として次のような数字が得られている。

子どもとの関係

ボーイフレンドやガールフレンドから映画に誘われたとき、小学校では父に一二·七パーセント、母に六四·九パーセント、中学校では父に三·八パーセント、母に四三パセントが相談し、貯金で自分用のテレビを買いたい時は、小学校で父に五七·八パーセント、母に四0·三パーセント、中学校で父に四0.七パーセント、母に四八·一パーセント、臨海、林間学校の参加申込みは、小学校で父に1111.三パーセント、母に七四·四パーセント、中学校で父に七四·七パーセント、母に七六·四パーセント、受験する中学
や高校については、小学校で父に五一,九パーセント、母に四一·六パーセント、中学校で父に三七·七パーセント、母に四六パーセント、新宿の繁華街に行ってみたい時で、小学校は父に1111.七パーセント、母に五111.1パーセント、中学校では、父に七.九パセント、母に四一パーセント。

      母親でも自覚している人がほとんどいない
      子どもがあると言ってもよい。
      学校とよばれた女ば


子どもでも親のすることをよく見ているのですね 子供を全面的に信用することから始めることです。 子どもでも親のすることをよく見ているのですね

子供を幸せにできるのです。

子どもたちにとって

ウチの方だって生活がありますよなどと言って。
一台置くと場所代だけで11万円か111万円入ってくる。それだけの補償をしてくれないかと言う商店があるそうである。その家の子もまた、わが家で売るポルノ雑誌を読むのだろうか。中央線沿線のある町では、そのようなスタンドを全部撤去させた。それでも見たい子は、電車に乗ってまたよそに買いに行くかもしれないが、母親がそれだけの運動を起こしたということで、子供たちに批判の目が養われると思う。ただ私が提案したいのは、それらの場合に母親だけが熱心で、父親の動きが見られないということである。父親が子供たちに読ませたくない物を追放しようと言う。父親も男の立場から母親と同感である。そういう態度を示してくれたら、店にかけあう前に、子供たちがいくらそんなものがあっても、見向きもしなくなるかもしれない。
子供を幸せにできるのです。

子供にするため

母親は反対しているのに、父親はこっそり自分で買うこともあるなどということになりかねない現状は残念である映画などについて、アメリカあたりではこういう映画を見せてはならない、見てはならないという婦人の発言力が強い。日本のテレビで露骨な性的場面を茶の間に流したといって問題になるとき、母親と父親が合流して親としての発言になれば、ずいぶん強力な発言になると思うことがよくある子供の年齢が上がるほど、父親への依存度が高まることは、子供が成長するに従って社会的な目が開けてきて、社会に出て活躍している父親に対する期待が高まるのであろう。

 

才能を表わすという。

私の知りあいに大変勉強家のお父さんがいる。ある電気会社の企画室につとめて新しい製品の開発に当るのが仕事である。自分の会社の仕事のためにもいつも新しい考えを持つ必要がある。どんな製品を大衆が求めているか。
それを知るためにはテレビが第一だという。この人は会社が終るのを待ちかねて家帰ってくる。駅前の飲屋で一ぱい飲んでということはない。わが家に帰って一ばい飲んで食事。このときは子供たちの漫画の時間である。テレビは子供たちのためにある。子供たちは漫画を見たくて早く食事をする。食べながらテレビは見ないことをまずお父さんが実施それから番組はお父さんが管理して、子供たちはいやらしい場面は見られない。もっともいやらしい場面は深夜に多いが、この人は八時になるとテレビを消して寝てしまう。子供の勉強時間であるお父さんにとって昼の疲れをとるための睡眠で、お母さんは台所の片づけが終ってテレビ何かお父さんに役だつようなことをテレビを見ながら考えてあとで報告。
お父さんが起きるのは夜の十時、子供は勉強を終えて寝ている。お父さんは十二時まで見る。ここでいやらしい場面のあるようなテレビにおめにかかるのだが、このさいも子供たちがトイレに起きるかもしれないとあってそんなところはスイッチを切ってしまう子供たちは小学生1人、中学生二人の家庭だけれど、いわゆる反抗期にさしかかった子
供たちであっても、喜んで見るという。
中学生ぐらいになって
子どもと酒をくみかわすことだと言われるがわ

教育界が変わらない限り無理なことです。

テレビに関してはこの父親を信頼し、むしろ父親が推せんする番組をもう一人の知りあいは、子供たちが見すぎるのは学力の低下につながるものとして、父親自身がニュースと天気予報と教養番組以外のテレビを見ない。父親が茶の間のテレビの前で会社の仕事、母親もそのそばで自分の仕事を続けるということで、子供たちは否応なしに勉強部屋へ行くという家もある子供は東京都民生局の調査では、小学校三年で一時間十分、小学校五年で11時間11分中学二年で一時間四十一分という平均の数字を出している。おもしろいのは、テレビを見ようとしたらテレビがこわれてしまった。その時あなたはどうするかという問いに対して小学校三年から中学二年まで、男女ともすぐなおしてもらうという数字より、テレビがないのもいいと思うという数字が10パーセントも高いことである。

子供がお父さんを尊敬

私の知りあいの家の子供たちの親によるテレビの管理は、共感を得ているのだいま子供たちに対して親に何を望むかと聞くと、お小遣いがたくさん欲しいという答が一番多く返ってくる。またどういうとき一番うれしかったかと聞けばお小遣いをたくさんもらったときという答が多い。このことからも、子供たちがいかにいつも購買欲をそそられていてその欲望を抑えることがむずかしいかがわかる。
小学校高学年くらい

子供の可能性


お小遣いをたくさんもらえば、自分で買う。お小遣いが少なかったら、万引きしてでもただで済まそうとするお小遣いはそんなにたくさんもらえないけれども、どうしてもおしゃれをしたいという子、ちょっといかしたセーターを着てみたい、日曜日にディスコに踊りに行きたいなどという女の子はやすやすと売春に応ずる。これがまた全国的に蔓延している現象だ。友達同士のだれか一人が、麻薬でいえば売人になる。非常にいやな言葉でいえばポン引きになって、同級生同士あるいは同じ学校の仲間を誘って、イモヅル式にずるずるとのめり込んでそういうポン引きなり、売人が目をつける子供というのは、やはり教師もふだん目をつけている子供で、男の子であれば制服のボタンを一つふやしたり、カラーの幅を高くしている。