子供がやがて

母つまり妻だ。

子どもの話を聞くどころ
これらを考えると、進学とか大きな買物とか、夏休みの過ごし方とかいうような問題については、父母合計して九〇パーセントもの相談をしているけれど、異性との遊びや、繁華街へ行くというようなことでは、小学校段階にあって、すでに親に相談しないという数字が多くなっている。
うちの子供に限ってそんなことをするはずがないという親のおどろきも嘆きも、この相談しない数字の多さの中から生まれてくる。親はどこまで相談しない子供たちの心の内部に入ってゆけるのだろうか。

何でも学校に責任転嫁しない

知りあいの教師から聞いた話がある。

子供の姿を追いかけなければならない。
二泊三日の林間学校に子供たちを連れていっ親が送りに来て、この子は寝相が悪いので直してくださいこの子は偏食ですから直してくださいなどと口々に言う。「大体親が十年間、毎晩一緒にそばに寝させて直せない寝相を、たった二泊三日、しかも何十人もの生徒を連れていく私が直せるでしょうか。偏食も、親が毎日食事をさせていて直せないのに、何で私が一日や二日で直せますか」と、その先生は親の安易な依頼心を嘆くのであった。
あるいは教師への親の甘えであるかもしれないが、理屈で考えても、そんなことはできるはずがない。なのに、そのようなことを口に出しただけで、何か親としての責任を果したように思っている親は怠けものではないだろうか。

学校生活だったことはたしかです。

そんな親に限って、子供が学校でけがをすると、学校の監督不十分だといって責め立てたりする。ある学校で、子供が一階の教室から1階の廂に飛び下りてけがをした。すると親たちの代表が学校へ来て、「廂があるから子供が代びドりるのだから、学校じゅうの廂を取り払ってください」と陳情したという話を聞いた。廂はもともとドの教室への日光の直射を防ぐためのもので、飛び下りるためにあるのではない。取り外すことはできないと,とわると、かかる殺人予備的施設を放置する教育委員会、学校の怠慢などと暴力団そこのけの脅迫的陳情をかけてくるひさしある校長が校庭に一生懸命バラを植えて育てた。

母親が思い上がってはい母親は人生の先達として陽当たりもよいし、手入れもよくてある日りっぱな花が咲いた。喜んでいると、せっかくの花をとってしまった子供がいる次の蕾が開くのを待って、ある朝、校長がその花盗人をとらえて注意した。子供は家帰って、校長先生に叱られたと話したのであろう。母親が血相を変えて、学校に飛んできて曰く、「子供の手の届くところに、なんでそんな大事な花を咲かせるのですか。子供には美しいものを破壊したい本能があります。先生がそんなにバラが大事なら、鉢で仕立てて校長室に飾っておけばいいでしょう」。
これらの母親たちを思うと、子供をどんな人間に育てようとしているのかと暗然とする廂は飛び下りるためにあるのではない。花はやたらにとるものではない。それを教えるのが教育であり、それを教えるのが母親のつとめだと思う。

子どものための遊具として積み木があ

教育をする場所は学校に限らない子供が幼稚園や保育園に入る前から、子供が物ごころついた段階で、人の物をとってはいけない、花壇や公園の花はみんなが楽しむためのものだ、他人の中に入ったら自分の思うようにできないことがいくらでもあるということ、自分を抑えなければならぬことがあることを小さい胸なりにたたきこまなければならないと思う国電現·JRの乗り降りのとき、小さな子供を連れた母親が、行列の中で子供の手を放し、早く先に行って席を取ってちょうだいなどとけしかけると、彼は大人の間をすり抜けて電車の中に飛び込み、いち早く、座席を確保してお母さん、取ったよ!

父親とのスキンシップが大きな意味をもつ。

と大声で母親を呼ぶ。母親はうれしそうにゆったりと来て、よかったねなどと、子供をほめる場面などによくぶつかる。
交通信号でもそうである。まだ赤なのに、子供からだめだと叱られていたりする。
母親が早くわたれわたれと子供をそそのかし数年前の東京都都民生活局の調査によれば、道をわたろうとしたとき、信号は赤だが車はまだこない、そのときあなたはという問いかけに対して、さっさとわたってしまうは、全体で小学校三年から中学二年男が三○·四パーセント、女が一九·七パーセント、
勿論のことだが、小学校三年生より中学二年生は五倍も多くわたってしまう。

      母公園に行く?
      子ども聴くよそしてさっと。
      勉強はいまひとつですけど


母親は人生の先達として 子どもの表情や会話に劇的な変化 子供がやがて