教育や家庭環境のあり方がわいわい騒がれる。

先生がなかに入

これほど大きくはないが、ほとんど毎日のように何かが起っていた。そして戦後何十年かたったのにその状況はあまり変っていない。まず旅館の話を聞くと、修学旅行の生徒は物を盗る。灰皿を持って行く。ひどいのは敷布から枕カバーまで持って行く。それで枕カバーは紙製にし敷布は全部くくりつけにするようになった。子供たちは修学旅行の後で、分捕り品をくらべあい、青春の思い出だなどと自慢しあうらしいが、盗られる方は大迷惑である。
旅行の時でなくても慢性的な万引きの流行がある。
子供がやがて

父親でした。

比較的安いものばかりだけれど、みんな店先に並んでいるから、中学生の集団が五、六人、前を通ったなと思ってパッと行ってみると、もう幾品かない。実にやり方が巧妙になったという。お菓子屋さんでも、チョコレート、キャンディ、チューインガムなど、まるでお小遣いを浮かすのはこの時とばかり、ただで盗ってゆく。そこには罪悪感よりも功利的な計算が先だっらしいという。
次に修学旅行で多いのは喧嘩である。私も実際に新京極で、どこかの中学とどこかの中学がにらみ合っているのを見たことがある。京都の町のひとは旅行者を扱いなれているので、引率の教師が注意しなくても、ここは喧嘩の場やあらへんと怒鳴ってやめさせる石など飛ばされ、ガラスを割られてはかなわないからである。そして生徒たちは、注意はわりによく聞く生徒が先生をバカと怒鳴ったりするのも、先生は何を言っても怒らないという甘えがあるからだと思う。

 

子どものときの楽天性は大切だ。

親に対しても、お母ちゃんのバカお父さんのバカと甘ったれて怒鳴る子がいるが、甘ったれて相手をどんなにやっつけてもいいのだというような人間関係はよくないと思う。それが一つ許されると、今度は親の方からも親子心中という形などで、子供を死の道連れにしていくことにもつながっていく。
子供は大きくなっていく間、自分自身についていつでも不安で、情緒が不安定なので自分が何をしても許されるものを求めたい。
学習の原理を知らないで失敗する
母親が不満ばかりを持っていて

子供に教えることによって親も教えられるのです。

それが教師であり、親であるわけだけれどその不安や動揺を支える形は、甘えだけであってよいかどうか。教師も親も子供が自分に責任を持って生きられるように、絶えず子供をはげまし、その力を引き出すようにしてやらねばと思う。子供を自立させるために、ときには、かわいい子には旅をさせろ式の強い態度も必要である修学旅行に行くときは、まず周りはみんな他人なのだということを胸にきざむように送り出す親側がまず実行してほしい。とくに父親の発言で、ケンカするなよという一言を与えるのと与えないのとでは、ずいぶんちがうのではないだろうか。中野区に知恵おくれといわれる特殊学級の生徒たちがいる。義務教育修了後は高等学校の場がないので、それを補助する意味で、毎月二回か三回集まって学習している私はその青年たちを連れて、ここ数年ずっと山登りをつづけている。

母さんもそば

何回目かにヤビツ峠から、大山、表参道と七時間くらいかかって雪どけの道を下りてきた。ほとんどが二十
歳前後の若い人たちで、職場にも出ているし、多分ビールを飲むと思って、休息の場所でジュースとビールを半々に出した。ところが、ほとんどの人がビールを飲まない。どうしてと聞くと、きょうは親に飲んではいけないといわれてきましたという。その素直さに私は胸をうたれた。学校にいたときのIQは低かったかもしれない。成績も悪かったかもしれない。
高校と作品はつくられ続けます

しつけはきびしいものですね話をきくとこうだ。


しかし親に言われたことを守って、ビールを眼の前にして飲まない若者の多いこと、なまじっか頭がよかったりすれば、親にいわれても平気でビールに手を出す子が多い中に、こういう若者たちもいるのだなとひどく感動した。
若者たちとはその一年前に千葉県の清澄寺へ行ったが、麓の花畑へ行って、芥子の花三本ずつをおみやげに摘みとるようにしたが、た。花が可哀想だという。
いくらすすめてもとらない者が多かっ花が可哀想だとは、花の立場に立った発言である。人間のだれが花が可哀想でとれないなどというだろうか。その感情移入の鋭さに私は涙が出るばかりに感動した。この若者たちの両親は、学校の成績が悪いということで、あるいは嘆いたことがあったかもしれない。
しかし、学校の成績が優秀で、自分のこときり考えられず、自分のために邪魔になると考えて祖母を殺し、自殺した少年などとくらべて、どんなにか、人間的な美しさにかがやいていることであろう成績のいいばかりが、人間の仕合わせにつながらないことを、是非、親であるひとたちに考えてもらいたいと思う。

子供を幸せにできるのです。

子どもたちにとって

ウチの方だって生活がありますよなどと言って。
一台置くと場所代だけで11万円か111万円入ってくる。それだけの補償をしてくれないかと言う商店があるそうである。その家の子もまた、わが家で売るポルノ雑誌を読むのだろうか。中央線沿線のある町では、そのようなスタンドを全部撤去させた。それでも見たい子は、電車に乗ってまたよそに買いに行くかもしれないが、母親がそれだけの運動を起こしたということで、子供たちに批判の目が養われると思う。ただ私が提案したいのは、それらの場合に母親だけが熱心で、父親の動きが見られないということである。父親が子供たちに読ませたくない物を追放しようと言う。父親も男の立場から母親と同感である。そういう態度を示してくれたら、店にかけあう前に、子供たちがいくらそんなものがあっても、見向きもしなくなるかもしれない。
子供を幸せにできるのです。

子供にするため

母親は反対しているのに、父親はこっそり自分で買うこともあるなどということになりかねない現状は残念である映画などについて、アメリカあたりではこういう映画を見せてはならない、見てはならないという婦人の発言力が強い。日本のテレビで露骨な性的場面を茶の間に流したといって問題になるとき、母親と父親が合流して親としての発言になれば、ずいぶん強力な発言になると思うことがよくある子供の年齢が上がるほど、父親への依存度が高まることは、子供が成長するに従って社会的な目が開けてきて、社会に出て活躍している父親に対する期待が高まるのであろう。

 

才能を表わすという。

私の知りあいに大変勉強家のお父さんがいる。ある電気会社の企画室につとめて新しい製品の開発に当るのが仕事である。自分の会社の仕事のためにもいつも新しい考えを持つ必要がある。どんな製品を大衆が求めているか。
それを知るためにはテレビが第一だという。この人は会社が終るのを待ちかねて家帰ってくる。駅前の飲屋で一ぱい飲んでということはない。わが家に帰って一ばい飲んで食事。このときは子供たちの漫画の時間である。テレビは子供たちのためにある。子供たちは漫画を見たくて早く食事をする。食べながらテレビは見ないことをまずお父さんが実施それから番組はお父さんが管理して、子供たちはいやらしい場面は見られない。もっともいやらしい場面は深夜に多いが、この人は八時になるとテレビを消して寝てしまう。子供の勉強時間であるお父さんにとって昼の疲れをとるための睡眠で、お母さんは台所の片づけが終ってテレビ何かお父さんに役だつようなことをテレビを見ながら考えてあとで報告。
お父さんが起きるのは夜の十時、子供は勉強を終えて寝ている。お父さんは十二時まで見る。ここでいやらしい場面のあるようなテレビにおめにかかるのだが、このさいも子供たちがトイレに起きるかもしれないとあってそんなところはスイッチを切ってしまう子供たちは小学生1人、中学生二人の家庭だけれど、いわゆる反抗期にさしかかった子
供たちであっても、喜んで見るという。
中学生ぐらいになって
子どもと酒をくみかわすことだと言われるがわ

教育界が変わらない限り無理なことです。

テレビに関してはこの父親を信頼し、むしろ父親が推せんする番組をもう一人の知りあいは、子供たちが見すぎるのは学力の低下につながるものとして、父親自身がニュースと天気予報と教養番組以外のテレビを見ない。父親が茶の間のテレビの前で会社の仕事、母親もそのそばで自分の仕事を続けるということで、子供たちは否応なしに勉強部屋へ行くという家もある子供は東京都民生局の調査では、小学校三年で一時間十分、小学校五年で11時間11分中学二年で一時間四十一分という平均の数字を出している。おもしろいのは、テレビを見ようとしたらテレビがこわれてしまった。その時あなたはどうするかという問いに対して小学校三年から中学二年まで、男女ともすぐなおしてもらうという数字より、テレビがないのもいいと思うという数字が10パーセントも高いことである。

子供がお父さんを尊敬

私の知りあいの家の子供たちの親によるテレビの管理は、共感を得ているのだいま子供たちに対して親に何を望むかと聞くと、お小遣いがたくさん欲しいという答が一番多く返ってくる。またどういうとき一番うれしかったかと聞けばお小遣いをたくさんもらったときという答が多い。このことからも、子供たちがいかにいつも購買欲をそそられていてその欲望を抑えることがむずかしいかがわかる。
小学校高学年くらい

子供の可能性


お小遣いをたくさんもらえば、自分で買う。お小遣いが少なかったら、万引きしてでもただで済まそうとするお小遣いはそんなにたくさんもらえないけれども、どうしてもおしゃれをしたいという子、ちょっといかしたセーターを着てみたい、日曜日にディスコに踊りに行きたいなどという女の子はやすやすと売春に応ずる。これがまた全国的に蔓延している現象だ。友達同士のだれか一人が、麻薬でいえば売人になる。非常にいやな言葉でいえばポン引きになって、同級生同士あるいは同じ学校の仲間を誘って、イモヅル式にずるずるとのめり込んでそういうポン引きなり、売人が目をつける子供というのは、やはり教師もふだん目をつけている子供で、男の子であれば制服のボタンを一つふやしたり、カラーの幅を高くしている。