教育や家庭環境のあり方がわいわい騒がれる。

先生がなかに入

これほど大きくはないが、ほとんど毎日のように何かが起っていた。そして戦後何十年かたったのにその状況はあまり変っていない。まず旅館の話を聞くと、修学旅行の生徒は物を盗る。灰皿を持って行く。ひどいのは敷布から枕カバーまで持って行く。それで枕カバーは紙製にし敷布は全部くくりつけにするようになった。子供たちは修学旅行の後で、分捕り品をくらべあい、青春の思い出だなどと自慢しあうらしいが、盗られる方は大迷惑である。
旅行の時でなくても慢性的な万引きの流行がある。
子供がやがて

父親でした。

比較的安いものばかりだけれど、みんな店先に並んでいるから、中学生の集団が五、六人、前を通ったなと思ってパッと行ってみると、もう幾品かない。実にやり方が巧妙になったという。お菓子屋さんでも、チョコレート、キャンディ、チューインガムなど、まるでお小遣いを浮かすのはこの時とばかり、ただで盗ってゆく。そこには罪悪感よりも功利的な計算が先だっらしいという。
次に修学旅行で多いのは喧嘩である。私も実際に新京極で、どこかの中学とどこかの中学がにらみ合っているのを見たことがある。京都の町のひとは旅行者を扱いなれているので、引率の教師が注意しなくても、ここは喧嘩の場やあらへんと怒鳴ってやめさせる石など飛ばされ、ガラスを割られてはかなわないからである。そして生徒たちは、注意はわりによく聞く生徒が先生をバカと怒鳴ったりするのも、先生は何を言っても怒らないという甘えがあるからだと思う。

 

子どものときの楽天性は大切だ。

親に対しても、お母ちゃんのバカお父さんのバカと甘ったれて怒鳴る子がいるが、甘ったれて相手をどんなにやっつけてもいいのだというような人間関係はよくないと思う。それが一つ許されると、今度は親の方からも親子心中という形などで、子供を死の道連れにしていくことにもつながっていく。
子供は大きくなっていく間、自分自身についていつでも不安で、情緒が不安定なので自分が何をしても許されるものを求めたい。
学習の原理を知らないで失敗する
母親が不満ばかりを持っていて

子供に教えることによって親も教えられるのです。

それが教師であり、親であるわけだけれどその不安や動揺を支える形は、甘えだけであってよいかどうか。教師も親も子供が自分に責任を持って生きられるように、絶えず子供をはげまし、その力を引き出すようにしてやらねばと思う。子供を自立させるために、ときには、かわいい子には旅をさせろ式の強い態度も必要である修学旅行に行くときは、まず周りはみんな他人なのだということを胸にきざむように送り出す親側がまず実行してほしい。とくに父親の発言で、ケンカするなよという一言を与えるのと与えないのとでは、ずいぶんちがうのではないだろうか。中野区に知恵おくれといわれる特殊学級の生徒たちがいる。義務教育修了後は高等学校の場がないので、それを補助する意味で、毎月二回か三回集まって学習している私はその青年たちを連れて、ここ数年ずっと山登りをつづけている。

母さんもそば

何回目かにヤビツ峠から、大山、表参道と七時間くらいかかって雪どけの道を下りてきた。ほとんどが二十
歳前後の若い人たちで、職場にも出ているし、多分ビールを飲むと思って、休息の場所でジュースとビールを半々に出した。ところが、ほとんどの人がビールを飲まない。どうしてと聞くと、きょうは親に飲んではいけないといわれてきましたという。その素直さに私は胸をうたれた。学校にいたときのIQは低かったかもしれない。成績も悪かったかもしれない。
高校と作品はつくられ続けます

しつけはきびしいものですね話をきくとこうだ。


しかし親に言われたことを守って、ビールを眼の前にして飲まない若者の多いこと、なまじっか頭がよかったりすれば、親にいわれても平気でビールに手を出す子が多い中に、こういう若者たちもいるのだなとひどく感動した。
若者たちとはその一年前に千葉県の清澄寺へ行ったが、麓の花畑へ行って、芥子の花三本ずつをおみやげに摘みとるようにしたが、た。花が可哀想だという。
いくらすすめてもとらない者が多かっ花が可哀想だとは、花の立場に立った発言である。人間のだれが花が可哀想でとれないなどというだろうか。その感情移入の鋭さに私は涙が出るばかりに感動した。この若者たちの両親は、学校の成績が悪いということで、あるいは嘆いたことがあったかもしれない。
しかし、学校の成績が優秀で、自分のこときり考えられず、自分のために邪魔になると考えて祖母を殺し、自殺した少年などとくらべて、どんなにか、人間的な美しさにかがやいていることであろう成績のいいばかりが、人間の仕合わせにつながらないことを、是非、親であるひとたちに考えてもらいたいと思う。