子どもの個性も

育てるためには手がかかり

どんなことも平気これは理想やイメージ先行型の育児です赤ちゃんを評論するように上から見下ろしてかわいいと思っているだけでは、母性愛にはなりませんこのように、「存在感」(自我)の縮小がマタニティーブルーなのですが、軽症の場合にはそれだけのことで、母乳育児やよく抱く育児によって母性愛が強く発現すると共に、「赤ちゃんと楽しくかかわり合っている自分」として自分の「存在感」を取り戻す仕組みになっているのです。ですから多少の不安感だけの軽症の場合は問題がないのですところが、母親が「存在感」の少ない育ち方をしていると、その「存在感」がさらに縮小することになるわけです。すると、本人のこころがとても苦しくなります。自分がつかめないために起こる不安感、緊張感、いらっきなどを伴うのです。そういう場合の治し方とは、自分の「存在感」を補強すればよいのです。育てあげればその口答えの内容が正当なものかどうかを議論するようにしま幼児は

子供を飽きさせないために有効なのは

幼児に言って聞かせているお母さんやお父さんは

「存在感がいったん少なくなってから、母性愛が発揮されるまでの過程でのトラブルがマタニティーブルーです。「存在感」が少なくなることも母性愛の出現には必要なことですが、「存在感」が少な過ぎるとマタニティーブルーになるのです。ですから、完全に「存在感」を確かにしなくても、「存在感」を補えばよいことになりまここでもスキンシップの登場です。一番確実で手っ取り早い方法が「スキンシップをもらっている自分」という自分の「存在感」のつかみ方です。赤ちゃんが育ちはじめる時と同じことをくり返すのですから、馴染みやすいし、自然な方法です。

子育てだからです

今は損をしてもグループの中で評判が良くなれば、長期的に見れば自分の利益になる事を本能的に理解しているのです。実験は次の段階へ進みます。今度は、受け取る側には独裁者が同じグループである事を知らせず、独裁者側は受け取る側が知らない事を知っている状態で行います。つまり知っているのは独裁者側だけです。すると、同じグループの人に半分以上を分け与えた人は47%に下がるのです。この状態で、更に仕掛けをします。

子どもの問題行動は

独裁者の見るモニターに「目」の映像を映し出した状態で実験を行うと、粉以上分け与える人は76%にまで上昇したのですこれが人間の「平等」と言う意識の本質です。そして、社会性を維持させているのが「目」である事が、この実験でかかります。こんな利他行動に関する実験も行われています。実験は2人で行います。1人はA、もう1人はBとします。2人に500円ずつ渡し、まずAが渡された500円をBに提供するかを決めます。
幼児が赤ちゃん言葉や舌足らず

教育に力を入れると目覚まい発達をする

共同作業を習得していた三歳児も、最初は早い者勝ちです。乗り遅れた子供は、声援を送りながら見ているのですが、暫くすると交代を要求するようになります。すると、最初に乗った子供は自分の所有権を主張するのですが、共同作業の概念も身に付いている為、一計を案じて乗り遅れた子供を後ろに乗せようとするのです。しかし二人で乗ろうとすれば操作が困難になり、やがて後ろに乗った子供は面白くないので降りてしまいました。これは、自分が楽しみ続けたいと言う欲求を抑えられず、自分の欲求を満たしながら共同作業を行なおうとする行為なのです。

子ども同士自由な遊びに使うことのほうが大事なのです

親が注意しなくてはならないのが、子供がこうした行動を取った時に褒めてしまう事なのです。親は後ろに乗せて一緒に遊ぼうとする子供の行為を「やさしさ」と受け止め、往々にして褒めてしまう傾向があるのです。しかしこの子供の行為は「未熟な分け合い精神」で、それを褒めてしまうと未熟なまま育ってしまうのです。さてこの「未熟な分け合い精神」を成熟させる為に必要な物は何でしょう?それは「自己主張」と「自己抑制」なのです。「自分はまだ遊びたい」と言う欲求を抑える自己抑制と、交代しない相手にルール通りに交代を要求する「自己主張」が必要なのです。