You are here: Home > >

高速道路のETCカードの割引

高速道路のETCカードの割引は今後どうなるのかわかりません。
一時期、ETC搭載車に限って休日も高速道路の料金が一部区間で上限1000円となっていました。
そして、この制度が導入されることが決まった時は一時的に全国各地でETCカードが不足する事態を招きました。
この騒動は、今となっては何だったのか全く理解が出来ません。
さらに震災の影響もあり、高速道路のETCカードの割引は今後どうなるのか分かりません。
そもそも高速道路のETCカードの割引を実施した結果、国民の消費意欲を刺激したことは間違いないと思うが、渋滞を招いただけでトラックなどの物流業者からすれば迷惑だったのではないかと思います。



そして、ECTカードを搭載していない車にとっては、最初に実施されたETCカード割引は何の意味もなかったと思います。
その後、夜間割引や、ETCカードの搭載の有無は関係なく普通自動車がの高速料金一律2000円などの割引が始まりました。
今から考えると、結果的に国が実施したこの割引は、単に国の借金を増やしただけだったのではないかと思ってしまいます。
そして、高速道路の無償化に期待をした国民をも裏切ってしまった結果になったと思います。



というのは、震災によりさらに増えた国の借金を補てんするために、一部を覗いて割引が廃止されるからです。
割引が廃止されれば、高速道路を利用しない人も出てきますし、たとえ高速道路の料金を徴収できても、家族で遠出をする機会が減って消費が低迷しては、前よりも財源が確保できなくなるのではないかと、個人的には思ってしまいます。
よく考えてから法案を発表すればよいのですが、私からすると取り決めの仕方が非常に短絡的で安易だと思います。
今回は高速道路のETC割引についての意見を述べてみました。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

Leave a Reply

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans